H31.2.20「空き家活用の推進に関する協定」締結式が行われました
 2月20日に北九州市と当県本部及び県内の司法書士会をはじめとする県内の7団体との間で、「空き家活用の推進に関する協定」の締結式を行いました。
 この協定は、空家に対する専門相談、留守宅の放置予防啓発、空き家管理事業者の紹介など、適正管理・流通・活用等の総合的な対策を推進する事を目的としたもので、空き家を持つ本人(相続人)のほか、幅広く空き家の所有者以外の方も近隣問題として相談する事が出来るようになりました。
トップページへ戻る